いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

いびきは病気であるというのが現在の常識であり、特に無呼吸症候群を誘発すると深刻なものとなります。現在ではレーザー治療によって治すことができます。

サイトトップ > いびきの原因

スポンサードリンク

いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

いびきの原因


そもそも、いびきというものは、気道が塞がれることで発生するものです。その原因は大きく分けて4つあります。


1つめは口腔内の構造の問題であり、2つめは鼻やのどの疾患によるものです。3つめは顎や首の形状の問題であり、4つめは心臓や呼吸器系の疾患によるものです。


いびきは多くの場合、のどの奥にある口蓋垂の横の粘膜が、呼吸をする度にブルブルと振動することによって起こります。特に寝ている間というのは、気道を拡げる機能が低下してしまうために、気道を塞いでしまう場合がよくありますし、仰向けに寝た場合であると、舌がのどの奥の方に下がりやすくなるため、さらに気道を塞ぎやすくなります。


蓄膿症やアレルギー鼻炎などの鼻の疾患や、アデノイドや口蓋扁桃肥大などののどの疾患もいびきの原因となることがあります。また、太り気味の人や肥満の人は、普通の人よりもいびきをかきやすい傾向があります。これは、首の周りについている脂肪によってのどが圧迫されるために、舌がのどの奥に下がりやすくなってしまうからです。同じような要因から、あごの小さい人もいびきをかきやすくなる傾向を持っています。


この他にも、ストレスによっていびきをかきやすくなるケースや、歳をとることで気道が狭くなり、いびきをかきやすくなることもあります。いずれにせよ、このようにして気道が塞がれることによって、いびきは発生するのです。


いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

MENU



スポンサードリンク