いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

いびきは病気であるというのが現在の常識であり、特に無呼吸症候群を誘発すると深刻なものとなります。現在ではレーザー治療によって治すことができます。

サイトトップ > レーザー治療について

スポンサードリンク

いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

レーザー治療について


以前では、いびきの治療法としては外科手術以外に効果的なものがありませんでした。しかし、レーザーによるいびきの治療法が登場したことで、それまでの状況は一変しました。


欧米においては、いびきのレーザー治療が20年以上も前から行なわれており、その治療法も確立しています。レーザー治療は安全で確実であり、その効果は従来の外科手術よりも高いというのが一般的な評価です。


レーザーによるいびき治療は、原理的には従来の外科手術と変わりません。その方法は、喉の口蓋垂と口蓋弓のたるんだ粘膜に対して、少しずつレーザーを照射しながら除去していくものです。従来の手術であれば、メスによって患部を切り取る必要がありましたが、それをレーザーで行なうことで、早く正確に手術ができるようになったわけです。


特に治療時間は大幅に短縮され、10〜15分程度しかかかりません。このようにして気道を広げることで、喉の粘膜の震えが抑えられ、いびきや無呼吸が軽減されることになります。また、手術中は痛みがほととんどなく、出血もないという点もレーザー治療の特徴です。


喉の表面に、スプレーによる表面麻酔と注射による局所麻酔を行うため、治療中はほとんど痛みを感じることはありません。外科手術でどうしても必要な全身麻酔も、切除した跡の縫合も、レーザー治療においては一切必要ないのです。


いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

MENU



スポンサードリンク