いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

いびきは病気であるというのが現在の常識であり、特に無呼吸症候群を誘発すると深刻なものとなります。現在ではレーザー治療によって治すことができます。

サイトトップ > レーザー治療のメリット

スポンサードリンク

いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

レーザー治療のメリット


近年になってからは、いびきというものが病気として認識されるようになり、以前のように軽視されることはなくなってきましたが、ほんの10年くらい前までは、一般の人はもちろん医師ですら深刻な病気としてとらえることがほとんどありませんでした。


実際に、大学病院などにおいても、睡眠時無呼吸症候群と診断された時にだけ、いびきの手術を行うという状況だったのです。いびきの手術などと聞くと、それほどたいしたことのない手術のように感じますが、実はこれがやっかいな手術だったのです。手術をする時には全身麻酔を行い、手術後は縫合のため絶対安静にし、傷口が癒着するまでは入院をしなければならなかったのです。


全身麻酔のリスクや出血に伴う身体の負担、そして入院することを考えると、負担も時間もかかる大変な手術であったのです。こういったことを考えると、レーザー治療がいかに優れているかが分かります。


レーザーによる治療の場合であれば、出血がなく精密なので、手術部位以外への熱影響は極めて少なく、手術後の縫合の必要もありません。また、入院の必要がなく日帰りで治療することも可能です。


さらに、軽い局所麻酔で手術を行うことができるため、負担が少なく済みます。欧米などにおいては、数千ものいびき専門のレーザーセンターがあるほどであり、レーザー治療は現在では世界の常識となりつつあります。


いびき・無呼吸症候群のレーザー治療

MENU



スポンサードリンク